忍者ブログ

ZEROfortune,fameORpower

管理の日常とか妄想とか
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログ連載1作目5話

爆煙が収まる頃合いを見て二人は鳥に乗ったまま地面に降りた。
爆発のあった場所は上で見ていたよりもひどい状況になっていてデイダラは内心少し焦った。
飛段が埋まっている穴を塞いでいた岩は粉々に砕け散っていて、大きな穴がぽっかりと顔を見せていた。
―やばい。やり過ぎたか?
鳥から降りたデイダラはそろそろと近づき穴を覗き込んだ。
「おーい、飛段。いるのかい?うん?」
・・・
しかし返事は無かった。
更によく覗き込むが、飛段の欠片すら見当たらない。
とうとうデイダラは焦ってイタチを呼ぼうと振り向いた。
「イタチッ・・・!」
「デ~イ~ダ~ラ~ちゃ~ん・・・」
振り返ると視界いっぱいに血まみれの生首があった。
「ぅんぎゃあぁぁぁぁ!!!」
デイダラは思わず後ろにのけぞり、そのままついさっきまで覗き込んでいた穴に転げ落ちて行った。
土埃にまみれ、打った頭を抑えながら地上を見上げるとイタチとイタチの持っている生首・・・もとい飛段がこちらを覗き込んでいた。
「ゲハハハハ!!デイダラちゃんダッセェー!」
悪戯が成功したのが余程面白かったのか飛段はゲラゲラと笑っていた。
「飛段!!テメェ何しやがる、うん!!」
デイダラは穴に落ちた醜態を笑われ顔を真っ赤にして怒鳴り返した。
醜態を晒した上、その現場を何より嫌うイタチに見られた事が余計デイダラの癪に障った。
「オイオイ、何しやがるはこっちのセリフだっつーの。いきなりフッ飛ばしやがって。パーツがどっか行っちまったじゃねーか」
デイダラの怒りをたいして気にもせず、ため息混じりに飛段は言った。
そのことに対して若干の罪悪感を感じていたデイダラはう、と言葉に詰まった。
「飛段の首はそこに落ちていてな。拾ってお前に言おうと思ったら何故か叫び声を上げて落ちて行ってしまった」
ここでようやくイタチが口を開いた。
デイダラは穴をよじ登りながら再び赤面し、うるせーと小さく呟いた。
穴から出ると、イタチは飛段の首をデイダラに託し、どこかに向かって歩き出した。
「おい、どこに行くんだ?うん」
「残りのパーツを集めてくる。パーツにも一応チャクラが流れているから写輪眼を使えばどこにあるか分かる」
そう言ってスタスタと森の中へ入って行った。
飛段はよろしくなー、などと笑顔で見送っていた。
残されたデイダラは、イタチが帰ってくるまで休憩とばかりに地面に首を置き、飛段の目線に合わせるように座りこんだ。
「お前の体も難儀なもんだな、うん。生きてるが・・・パーツだけじゃ動かないなんてよ」
「あー、首から離れるとオシマイ。動かす命令出すのは脳みそだからよ。繋がってねぇと動かねぇんだわ」
なんとあの飛段が自分の体の特性についてちゃんと理解しているとは。
デイダラは驚愕と感心で目を丸くした。
「へぇ・・・お前一応理解してたんだな、うん」
「角都が言ってた。ゲハハ」
やっぱり飛段は馬鹿だった、と今度はがっくり項垂れることになった。
感心して損した、とあぐらをかいた自分の足に肘をつき、頬杖した状態でデイダラは目の前の生首と組んでいた相方の気苦労を察しようとして、辞めた。
(角都は・・・)
この後数刻もすれば知ってしまう事実に飛段はどうなってしまうのか想像してデイダラは顔を曇らせたが、飛段はそれに気づかなかった。





久々に更新
飛段の体にチャクラが流れてるのかは公式的にどうなのか分かんないですけど、そうじゃないと発見できないので流れてることにしてください
そういうところ御都合主義なんで違うでしょ、と思ってもスルーして下さると助かります
PR

一応更新

メインページにナルトの相関図をあげてみました
サーチ様に堂々と更新しました!と載せるほどのものではないので登録更新はしてないので気づいてくれた方は暇だったら見てみてください
今回すごく簡単かと思った相関図・・・
好きだったり気になるだったり状況は様々だけどほぼ全員が角都に矢印が向いてしまう
もうスペースが無いよ!ってなりました
どんだけ角都中心に動いているんだナルト界
というか私がか
確かに角都がいなかったら私ナルト読んでないからな
中忍試験あたりで辞めてそれからまた読み始めたのは暁ほぼ死んでからだからなー

そういえばナルトとか久しぶりだなー
どうなってんだ今



なんだこの集団!
ていうかこの角都?
めっちゃ好みやんけ!!



あ、死んだ
いやーでもでもカッコいいすね、彼
何してもエロいんですけどハァハァ
ゾロレベルでエロい!
そう考えたらやばい妄想ががががが

といういきさつでこのサイト始めました
ナルトに復帰したのはとっくに角都が死んだ後ですた^p^
なので完全妄想で運営しています
あぁぁぁ動く角都見たいぃぃぃぃ
ナルティ新作買うか・・・
というか前作クリアしてないww
でもお試しダウンロードしたけどほとんど変わってなくね・・・?

更新と拍手レス

トップとメインに置いてあった年賀イラストのフリー期間は終了しました

メインはナルトなのに銀魂の更新です
最近銀魂キテるなー私
つかナルトでは暁もう出ないじゃないか
マダラ様好きだけど・・・
肝心な角都また出してくれ
私の心の支え角都!
ニコ動で動く角都見てはニヤニヤ
手書きとか挑戦してみたいけどやり方がさっぱりわからない
HPで精一杯です

>>ka様
うわわー遅れてしまって申し訳ありません!!
ブログ連載とか言いつつ全然更新してない上に俺得小説を楽しみだなんて・・・
もったいないお言葉でございます
むしろ私恥ずかしい・・・
カカ角とか言ってるのネット上でも私だけなんじゃないかと思っています←

拍手と御挨拶ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!!

明けましておめでとうございます

今年も零friendsをよろしくお願いします!!
相変わらずの亀更新ではあると思いますが・・・

なぜかトップの更新履歴とキリ番が書いてあるページだけが何回やってもアップできない
前回のままで申し訳ありませんが次回のキリ番は600です

そして今回年賀状ではありませんがネット上の代用品としてイラストを載せています
お世話になっている(もといストーカーしている)サイト様に送りつける勇気は無いのでダウンロードフリーということにしておりますのでよろしければ是非☆

最後にもう一度サイト共々管理をよろしくお願いします

ブログ連載1作目4話

同時刻、木の葉隠れの里近くにある奈良家の山ではある奇怪な現象が起きていた。
しばらく前にあった激闘の後、ある人物を見張るよう言いつけられた鹿達が一匹残らず倒れていた。
 
「ったく、やっと見つけたぜ飛段の野郎、うん」
「ここだ」
上空に浮かぶ二羽の大きな鳥が地上に影を落としている。
「それにしても何も全部の鹿を殺すことないと思うぜ、うん」
豊かな金色の髪を風になびかせながらデイダラは言った。
「殺してはいない。幻術で眠らせただけだ。奈良家の鹿をなめない方がいい」
こちらは漆黒の髪をなびかせながら下を見下ろしているイタチだった。
赤いその目は飛段が埋まっているとされる穴を塞いだ岩に向けられている。
「それより早く掘り起こせ。あまり目立つなよ」
「へいへい。分かってるっつーの。オイラに命令すんな、うん」
イタチがこちらを見もしないで淡々と仕事を遂行しようとするせいなのか、自分に命令してくるせいなのかは定かではなかったが、デイダラは不機嫌気味に粘土を取り出した。
「あんまり強いと飛段自体が吹っ飛んじまうからな・・・うん」
そう言いながらデイダラは自分の手のひらに付いている口に粘土を放り込み、器用に彼の言う芸術作品を作り上げ、下に放り投げた。
「喝!」
激しい爆発音と唸るような地響きが起こり、辺りの小動物は逃げまどい、木々からは木の葉がハラハラと舞い落ちた。
「うんうん!やっぱり爆発はいいよなぁ、うん!」
デイダラは満足そうに目を輝かせた。
「下に降りるぞ」
せっかく自分の芸術に浸っていたのに、無関心かつ無神経なことを言われたと感じたデイダラは、やっぱりコイツとは仲良くできそうにないと改めて思った。





続編ですがどうでもいい話です
つなぎですた
管理はデイダラちゃんと兄さんは仲良し希望、というか仲良し暁が好物です
でも一応原作に近い感じで

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

(09/25)
(09/11)
(06/18)
(06/01)
(05/23)

HN:
たすく
性別:
女性
趣味:
同人/ギャンブル
自己紹介:
基本的に駄目人間
ツンデレ/ギャップ萌え
王道とは逆CPに愛を注ぐ(例外有)
だいたい好きキャラが受け

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]