忍者ブログ

ZEROfortune,fameORpower

管理の日常とか妄想とか
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログ連載1作目3話

「目、覚めた?」
ハッとするとそこは先程の水の中ではなく、見知らぬ部屋だった。
穢れのない真っ白な部屋。
独特の消毒液の匂い。
どうやら病院らしい。
そこで角都はようやく自分が病室のベッドに寝かされていることに気がついた。
ゆっくりと辺りを見回すと、自分に刺さる点滴と、すぐ傍で先程声をかけてきただろう銀髪の男が座っていた。
「・・・夢?」
角都がぽそりと呟くと銀髪の男は読んでいた本を閉じ、角都の顔を覗き込んだ。
同時に角都の視界を遮っていた前髪をはらってやる。
「随分うなされてたけど大丈夫?何かしてほしいことは?」
「・・・いや、大丈夫だ・・・」
頭の中に靄がかかったようで決して優れた状態ではないが、角都がそう言うと銀髪の男はニッコリと微笑んだ。
「それじゃ綱手様を呼んでくるよ。その間一人にしちゃうけど待っててね」
「ツナデ・・・?」
知らない名を復唱した瞬間、角都は重大な事に気が付いた。
そもそも、ここはどこで目の前の銀髪の男は誰なんだ。
だが、それよりも重大な事を目が覚めたばかりとはいえ角都は忘れていたのだ。
途端に噴き出す冷や汗。
体中の水分が無くなったかのように喉が渇いた。
 
「・・・俺は・・・誰・・・だ?」
 
呆然としたまま口にしたその声は掠れていて自分でもほとんど聞こえなかった。





ま、ありがちネタですな
銀髪はカカシてんてーです
いろいろ詳細は後程お話にします
ではおやすみなさい☆
PR

ブログ連載1作目2話

――ず・・・
―な―――――か――・・・
――が――――や――く―・・・

何か遠くの方で声がする。
角都は閉じていた目を静かに開けた。
その瞬間、夢の中のようにふわふわとした空間から一気に現実に引き戻された。
体に容赦なく侵入してくる大量の水。
もがこうにもぴくりとも動かない自分の体。
(苦しい!!)
(誰か・・・助け・・・)
薄れゆく意識の中、角都は無意識のうちに手を差し伸ばした。





本日分終了です
毎回こんな感じで少しずつアップしていきます
体動かないのに手は差し伸ばせる矛盾 深く考えないでください・・・

ブログ連載1作目1話

ユラユラ―・・・ユラユラ―・・・
角都は水の中を漂っていた。
水の中はとても澄んでいて、水面からは太陽の光が差し込んでいて神秘的であった。
太陽の光でキラキラと虹色に変化する水の中、魚達と戯れながら泳いだらさぞ気持ちがいいだろうな―
そう思ったが角都の体は鉛を詰め込んだように重く、手足も動かなかった。

どんどん沈んでいく体。
沈んでいくにつれて辺りはだんだんと暗く、水は濁っていく。
自分はこのまま死ぬのだろうか―
いや、もう死んでいるのかもしれない―
水面はもうほとんど見えなかった。
このまま暗闇に飲み込まれて消えてしまうのか―
だが角都は不思議と落ち着いていて、どこか他人事のようにそう思って目を閉じた。





とりあえずここまでです
すいまっせん
亀更新ですが完結目指しています
気長にお待ちくださいませ

内容ですがナルトVS角都後の話になります
管理の妄想からできた話なので半パラレルという名のほぼパラレルです
舞台はナルトの世界だけど話は全部ねつ造です
まず暁メンバーは私が悲しいので死んでないです(話に出るかは分からないけど)
CPは飛角前提のカカ角です
マイナーの中のマイナーです
ジャンルはシリアスに近づければ・・・と思っております汗
俺得で自己満足の上、文才は持ち合わせておりませんので本日の触りと設定で拒否反応がある方は読まないようにして頂きたい
読んだ後の苦情は受け付けません

ではこれからもよろしくお願いします!

いろいろ変わりました

お久しぶりです、こんばんは
相変わらず亀更新です、すいまっせん

今回いろいろ変わりまして・・・
メインに銀/魂増やしました
おかげでAboutとLinkが一部変更になっています
お目通しよろしくお願いします

十四郎かわいいよ十四郎
とは前々から思ってましたが一時的な銀魂離れを経て最近再びキました
そもそも管理が銀魂を読み始めたのは中の人繋がりです
中/井さん萌え禿げハァハァ
ゾロ好きで銀魂アニメ化の際になになに中井さんが出るだと!?よっしゃ見とくか!



なんだこの可愛い生物は!
以来中井キャラは常に右ポジションをキープしています
もともとゾロの時点で右になってたけど確固たる右になりました

そして今回水彩とか挑戦してみました
前回角都でかじってはみたものの線画で飽きてしまった・・・
というわけで今回が初めてということにしてください
結構楽しいですね
でも背景は描かないよ←

こんな感じでナルトと銀魂平行してやっていきたいと思います
これからもよろしくお願いします!!

近況報告

お久しぶりです
特別お知らせすることは無いのですが一カ月ぶりに更新いたしました
駄絵です・・・
最初はやる気があるんだけど書いてるうちに下がっていく・・・
これってスランプ?
とか言って逃げようとしてますごめんなさい

しかも今回上げて初めて前回の更新が一カ月前だったということに気がつきました
呆れてものも言えねぇや
カウンターを見てみると毎日足跡がありますね
本当にありがとうございます!!
それと同時に申し訳ありません
不甲斐ないにも程がありますよね
ついでに甲斐性もありません

なんだか毎回こんなこと書いている気がするよ
これって角都ファンから見捨てられフラグだよね
こいつ使えねー、みたいな
あ、もしかして今更なのかしら・・・

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

(09/25)
(09/11)
(06/18)
(06/01)
(05/23)

HN:
たすく
性別:
女性
趣味:
同人/ギャンブル
自己紹介:
基本的に駄目人間
ツンデレ/ギャップ萌え
王道とは逆CPに愛を注ぐ(例外有)
だいたい好きキャラが受け

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]